斉藤ひとり」さん

の講演をYoutube で聞いています。本も出しているのでご存知の方も多いと思いますが、

「生き方」のコツを教えてくれています。いろんな話がありますがとても参考になります。

「運勢がいい人」

運勢は勢い、ダラダラ返事するのはダメ。物を頼まれた時は「ハイ」の返事も勢いをつ

けて返事する。物事をやる時も勢いをつけてする。勢いの良い人は運が良くなるそうです。

「幸せな顔をする」

眉間にしわを寄せたような顔をして幸せにはなれない。ニコニコ幸せそうな顔をしている

人が幸せになれる。

「困っている人はいない」

皆さん困っている人がいると思っているが、困っているのではなくその人は「学んでいる」。

困っていると思うのでなく、学んでいると考えて接すればいいのです。お金に困っている

人がいれば、今お金について学んでいると思えばいい。

「人の機嫌を取らない」「自分の機嫌をとる」

機嫌の悪い人は自分で機嫌が悪くしているだけで、その人の機嫌を取らない。その人の機

嫌をとるのでなく、自分はその人と一緒にいてもニコニコしていればいいのです。機嫌の

悪い人は、いくら機嫌をとっても良くならないのです。じぶんの機嫌をとることにせいい

っぱいニコニコしていればいいのです。人の機嫌をとるとその人はいつも機嫌を悪くすれ

ば周りがかまってくれると思うからほっておいたほうが良い。

「出し切る」

自分の力を出し切る。能力のない人も自分のできる限りの力を出し切って仕事をする。そ

うすることによっていいことが起き、だんだん仕事もできるようになってくる。

「徳を積む」

徳とは、人の心が軽くなる、人の心が明るくなることをする。自分の顔がニコニコして

周りの人も明るくなるような人を人徳のある人という。周りの人を暗くするような顔をし

ている人はダメ。人徳のある人には良いことが次々と起こる。

「ついてる」

「私はついてる。私はついてる」と口癖のように言っていると、とても良いことが起きる。

「問題は成長するためのもの」

生きているといろんな問題が起こる。問題は魂を成長するために起きる。問題が起きた

ら成長するために起きているので、成長するためにはどのように解決すれば良いかと考え

る。そうすれば問題は解決できる。このようなことを教えてくれています。不思

議な話もいっぱいありますが、とても勉強になります。